FC2ブログ
2020-07-30(Thu)

市民は株主、という考え方

今日の房日新聞に
投稿を掲載して頂きました!

20200730房日新聞

紹介した本は、図書館で見つけたものです。


ちょっと長くなりましたが
皆さんに是非お読み頂きたいです。

投稿全文
【市民は株主、という考え方】
(☝元のタイトルです)

 千葉市の熊谷俊人市長の著書『公務員ってなんだ?』には、民間企業出身者ならではの興味深い視点で、地方行政についての現状や考え方が示されています。熊谷市長は、前市長が汚職問題で逮捕され、財政も非常に危機的な中、31歳(当時、史上最年少)で市長に就任し、数々の改革を成し遂げています。

 市政運営を企業にたとえて分かりやすく説明されています。先ず市民について、市に税金を払ってサービスを受ける「ユーザー」のような意識を持っている方が大半だと思いますが、それと同時に「株主」でもある、というものです。市民が要求ばかりして財政が行き詰まるようなことがあれば、一番困るのは市民です。市民は市と運命共同体である、という考えに立てば、財政が厳しい時には無駄をなくそう、という意識がもっと高まるはずです。

 そして、株主たる市民から選ばれて代表権を持つ取締役社長として市役所に送り込まれたのが市長、ということになります。ただ、選挙で選ばれた市長の意見は、公務員である市の職員にとって絶対的なものであり、たとえ幹部であっても決定事項に基づいて業務を執行する執行役員に過ぎません。まして職員の人事権をも握っている市長は、民間の社長とは比べ物にならないくらい非常に強い権限を持っているのです。

 こうした一人の強力な権力を持つ長による組織が、独断と偏見に陥らないように監視し、重要な意思決定をするのが、同じく市民から選ばれた議員になります(実際の業務には携わることがないため、議員はいわば社外取締役のような位置づけになります)。市長一人に対して、議会は18人の議員の「集合体」として対峙することになります。多様な議員が様々な観点から議論をすることによって、最善の策を選ぶことが期待されています。ですから、議会が市長に忖度するような行動を取ったり、また追認機関となってしまったりしては、自らの首を絞めるようなもので存在意義がなくなってしまうことだと考えています。

 このような視点でみてみると、市の経営責任を負う市長や議員を選ぶ「選挙」がいかに大事か、よく分かるのではないでしょうか。さらに選挙の時だけでなく、日ごろの活動や市政運営に対しても、市民が株主感覚でもっと関心を持って参加して欲しいと思っています。


先日、街頭演説でもお話しました。





むろあつみHP


館山こども食堂


布良崎神社神輿修復委員会

Youtube動画むろあつみ
*日曜街頭演説を続けています。
チャンネル登録もよろしくお願いします

スポンサーサイト



2020-07-27(Mon)

職員自死、遺族の思い

昨日の市政報告会では、
職員自死の問題についても取り上げました。

ご遺族の方が、ご自分の言葉で訴えた方がいいかと思い、お手紙を頂いて報告会で披露しました。

全文を以下に掲載致します。

 この度、室議員が令和2年6月議会にて、平成20年、当時32歳の若さで自死した館山市職員の主人のことを取り上げてくださり、大変感謝しております。主人の記事を目にしたことがある方の中には、今更、裁判や第三委員会開催かと疑問をもたれた方もいらっしゃると思います。遺族が辿ってきた経緯、思いを綴りましたので、ご拝読いただければ幸いです。

 妻である私は、この10年以上、主人を救えなかった事実に押しつぶされそうになりながら生きています。裁判を決意するまでは、子供を残し自分も死んでしまう恐れから、主人の自死までの経過を避け、遺品に手をつけることさえもできない中で生きてきました。

 しかし、子供が成長するにつれ、父親と一緒にいられなかった子供に、父親のことを伝える責務があると考えるようになりました。そんな矢先、(夫の)元上司に直接会わなければならない用事ができ、館山市役所に行きました。話し合いの最中、元上司に同じ言葉を大声で連呼、威圧的態度をされる中、この状況を止めようとはせず、凍り付いた館山市職員らの表情の異様さに気づきました。この出来事を契機に、当時何があったのか向き合うと決心しました。向き合うに当たり、まず、子供に話すと、「お父さんはどんな仕事をしていたのか」と問われました。私は、答えに窮してしまい、仕事について調べることから始めました。

 調べるうちに、現在の職員2名分の事業を1人で行い、土日休日なく夜中までの長時間労働の中、報告書の文書改ざんを命じられ、さらに上司からの負荷を受け、うつ病とPTSDになり自死したことがわかりました。また、当時の館山市では、行政改革の名のもと、県下1の急激な人員削減を断行し、多くの職員が精神的負荷で犠牲となった、今もなお苦しむ人がいること、主人以外にも一人自死者がいること、犠牲の原因を職員個人のせいにすること、元上司は主人と同じように複数の部下を追い詰めたが放置、遺族として自死後すぐに出した要望書も放置していたことがわかりました。本当に憤りました。そこで、主人の自死をおおやけにし、主人の名誉回復を果たしたいと、子供と共に裁判に踏み切りました。

 なお、館山市役所は、昔も今も一貫して、主人の自死は、主人が相談をしなかったせい、公務上ではないという主張です。実際、遺族が公務災害を申し出ても、全く受け付けないことからもわかります。今も、主人の自死の背景を調べず、遺族に報告をしない状況は変わりません。しかも、6月の室議員の議会討論中、遺族に調査した結果を「回答した」と虚偽の答弁をしました。既成事実になってはいけないと、私は抗議文をすぐに提出しました。 

 これら事実はあくまで、私が調べた範囲のものです。本来は、自死後すぐに提出した遺族の要望書の通り、館山市役所自らが、状況を調べ、遺族に伝えるべき事だと思っています。

 館山市役所は公の立場として、当人の苦しみ、遺族の悲しさと憤りに真摯に向き合い、二度と同じ過ちが繰り返されぬよう、まちづくり政策に反映する義務を負っています。政策や計画を制定する前に、自らの組織を顧みて、主人の遺言である「市民のために」「真面目に働く職員が評価され、職員が安心して働ける職場の実現」に向けた取り組みは必須です。さらに、組織の犠牲になった職員に責任転換、家族を愚弄し続ける行為も二度と起きない様にすべきです。館山市長は、雇用主として自死の要因を調査し、遺族に真実を伝える、特に、子供に伝える事があるはずです。不都合隠しはもう沢山です。館山市がこれまでの真実に向き合い、遺族に伝えてもらうまで、第三者委員会設置を要求し続ける所存です。







むろあつみHP


館山こども食堂


布良崎神社神輿修復委員会

Youtube動画むろあつみ
*日曜街頭演説を続けています。
チャンネル登録もよろしくお願いします
2020-07-27(Mon)

久々の市政報告会

これまで、年4回の議会が終わる毎に、報告会的な集会をしてきましたが、
昨年9月の台風15号、今年の新型コロナウイルスと続き、しばらくお休みしていました。

まだまだ感染拡大が続いている状況ではありますが、
そろそろwithコロナ、コロナとの共生、という
新しい時代の生活も考えていかなければいけないという思いもあり、
感染対策を充分に行った上で、集会を開催することにしました。

積極的な呼びかけはしませんでしたが
40名近い方にお集まり頂いて、
また、ネット生配信にも挑戦しました。

2020072601

会場から、
・前澤基金の使い道、
・街頭演説や新しい風の意味、
・市職員の自死の問題、
・稼げるまちとは?
・企業誘致について
など、色々なご意見や質問も頂きました。

20200072602

また、司会を務めて下さった
”心の笑顔配達人”瀬川文子さん。
とっても読み応えのあるブログも書かれていますので
是非読んでみてください。





むろあつみHP


館山こども食堂


布良崎神社神輿修復委員会

Youtube動画むろあつみ
*日曜街頭演説を続けています。
チャンネル登録もよろしくお願いします
2020-07-19(Sun)

感謝!街頭演説100回目

約2年前に始めた毎週日曜日の街頭演説。
今日で100回目となりました。

いつも応援に来て下さる皆さん、
ネットをみて下さる皆さん、
沿道から声援を下さる皆さん、
本当にありがとうございます。

皆さんのおかげで、「継続は力」を実感させてもらっています。

100回目の節目なので、
私がこういうことを続けている思いを
お話させて頂きました。

素敵な花束も、本当に嬉しいです





むろあつみHP


館山こども食堂


布良崎神社神輿修復委員会

Youtube動画むろあつみ
*日曜街頭演説を続けています。
チャンネル登録もよろしくお願いします
2020-07-07(Tue)

全体計画ができていないと結果として無駄遣いになることの繰り返し

このところ毎月、臨時議会が開催されています。

今日の7月臨時議会では、
国の第2次補正予算を受けて
新型コロナウィルス感染症対応の
様々な支援事業が予算計上されました。

その中で、全額一般財源で行う
旧神戸小学校の浄化槽入替え工事291万円
がありました。

これに関して、
このような工事をする前に
全体の利用計画を作るべきではないか、
順序が逆だと
税金を効率的に使うことができない、
という、いつも指摘していることを
質疑と討論でまたしつこく訴えました。

ただ、
言いたいことが上手く伝わらなかったようなので
補足説明しておきます。
(実際のやり取りは、YOUTUBEでも観られます)

旧神戸小学校の利用状況は、現在、
◆房南こども園 (西棟)
◆公民館活動の一部 (管理棟)
◆体育館は一般開放で時々使用
となっています。
中央棟は、耐震強度の問題もあり、
現在は未使用です。

これまでの浄化槽は
143人槽のものでしたが、
修理では間に合わず、
今回21人槽のものに入替え工事する、
ということだそうです。(291万円)
21人槽にしたのは、現在の利用状況を鑑みてのこと。

今後、旧神戸小学校をどのように使うのか、
利用計画はまだ決まっていない、
ということでしたが、
そのような状況で、
21人槽の浄化槽を入れるのが適正かどうか
(規模も含めて)、
どうやって判断すればよいのでしょうか?

この先、例えば
房南こども園は、房南学園に移りましょう、
とか
公民館は1か所にまとめましょう、
など、旧神戸小を使わなくなるかもしれないし、
(浄化槽も不要になる)
反対に、
西棟の使い道も新しく考えました、
ということになれば、
21人槽では小さすぎる、
となるかもしれません。

要は、いつも順序が逆、ということです。

今後、人口が減少する中で
公共施設は20%削減しましょう、
という目標があります。
施設をたくさん抱えていることで
維持費がそれだけ多くかかり、
修繕などにかかる資金も多くなります。
公共施設の統廃合には
住民との話し合いも大切で
時間がかかるものですが、
だからといって先延ばししていては、
無駄なお金ばかりかかってしまうのです。

そういうことを考えれば、
公共施設の統廃合の議論は
急務と言えるのではないでしょうか。



私の質疑:47分くらいから
討論:1時間29分位から



むろあつみHP


館山こども食堂


布良崎神社神輿修復委員会

Youtube動画むろあつみ
*日曜街頭演説を続けています。
チャンネル登録もよろしくお願いします
カテゴリ
プロフィール

むろあつみ

Author:むろあつみ
2010年に館山市に移住。
2017年館山市長選挙に挑戦。
現在、館山市議会議員2期目。
【FB】
【以前のブログ】

月別アーカイブ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 館山情報へ
にほんブログ村
ランキング
リンク
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR