FC2ブログ
2011-11-30(Wed)

坂田の住民の生の声です

坂田の住民の方から、ご連絡いただきました。
房日新聞に投書をしたけれども取り上げられず、
県知事と市長あてに2通ずつ送ったけど、
本人が読んで呉れたかどうか・・・?と。
以下、その全文をそのままご紹介します。
(お手紙には住所、氏名、年齢が記載されていますので、
 館山市のHPには早晩、公表されると思いますが・・・)



千葉県知事 鈴木 栄治様
館山市長 金丸 謙一様
各 新聞社 担当者 殿

      館山市坂田の残土埋立計画

第1回 区民総会
事業者に依る残土埋立計画の説明。
第2回 区民総会
賛否を取らず、静寂のうちに閉会。
住民の総意の文字が、新聞に載るや、世間のひんしゅくを買い、坂田住民は、皆、肩身の狭い思いを、している事だろう、
第3回 区民総会
住民の総意の意味を、質問するやいなや、役員の高圧的な口調に依り、捩じ伏せられ、反対意見は、無視され閉会、此処でも賛否を取らず、区長及び役員の、一方的な言い分(嘘八百)だけを、記者に公表、後日、新聞に掲載され、現在に至る。
坂田住民に取って、何のメリットも無い(一部地権者、役員を除く)百害有って、一利無しの残土埋立に、賛成者が、居るのだろうか???無記名投票をしたならば、住民の8割以上の反対者が、出るで有ろう事は、想像に難く無い、
それを、一部の役員だけに、牛耳られては、某国の体制に、例えられても、仕方の無い事であろう、
反対者は、何処で、誰に、何を言えば良いのか、分からないのが、現状で有る、
もし、万が一、埋め立て工事が、開始されたならば、一日、ダンプが延べ百台、通過するとの事、片側一車線の道路を往復で、二百台、2,3分で、一台走れば、交通事故の多発、道路沿い住民の病気(喘息等)が、増える事だろう、
将来的に見ても、坂田海水浴場の廃止、坂田で取れた魚介類は、喰われ無い事にも、成りかね無い、 後、土砂崩れの心配等々・・・
こんな大切な事を、坂田だけの、2,3回の総会(集会)を参考にして、決めても良いのだろうか?????
行政の責任者には、真実を把握し、後世に悔いを、残さぬ様に、公正な判断を下す事を望みます。
坂田の海と山の大自然を未来の子どもたちへ!!!



館山市長
  金丸 謙一様


      館山市坂田の残土埋め立て問題

事業者から地権者、坂田区の役員、行政、報道への根回しが、有った事と思われる、
第1,2回 坂田の区民総会(40人余り出席)が、開かれた時には、残土埋め立てが、既に決定している様な説明で有り、何時の間にか、住民の総意にされていた、
何が悲しくて、神奈川県の残土を、わざわざ、艀で、運んで来て、自然豊かな、房の大山に、廃棄しなくては、ならないのか、坂田を犠牲にして、館山市に、何のメリットが有るのか、将来、名勝地で有る鏡が浦、(東京湾)が、汚染されても良いのか、疑問に思う所である、
又、反対者の署名では無く、賛成者の署名を、取ったらどうか、多分、1割にも、満たない事だろう、
11月23日(水曜日)事業者所有のミカン園に、事業者が用意するバスで、見学に行くそうだから、此のバスに、乗車する者が、坂田の賛成者の全てで有ると思います、
行政の責任者が、賛成で有るならば、今まで支持してきた、うしお会会員に対する、裏切り行為でも有る、
小生は、1945年、1月、船形 西地区に生を受け、船形小学校、第一中学校、安房水産高校及び専攻科を卒業し、海技免状取得後、船会社に就職、船舶職員として、材木船、オーシャンタグ、重量物船、冷凍船、タンカー、貨物船等々に乗船し、15年間、世界各国を回って来ました、其の後、陸上勤務を命じられ、海務監督として、東南アジア方面、日本では北は室蘭港、南は大分港まで、出張の毎日でした、
2008年1月退職し、生涯大学校(南房学園)に、入学、卒業し、現在は、セントラルクラブに入会し、老後を自然豊かな坂田で、元気に過ごそうと、思っていた矢先に、此の騒ぎです、
絶対に、市有地で有る、房の大山に有る水路を、事業者に、払下げない様に、お願い致します、
先月18日、小笠原丸乗船時に、タラップの所で、市長に、お会いしましたね、



千葉県知事
  鈴木 栄治様

      館山市坂田の残土埋め立て問題

事業者から地権者、坂田区の役員、行政、報道への根回しが、有った事と思われる、
第1,2回 坂田の区民総会(40人余り出席)が、開かれた時には、残土埋め立てが、既に決定している様な説明で有り、何時の間にか、住民の総意にされていた、
秘密裏に、残土埋め立て工事を、進めようとしたが、公に成り、大反対に有っている状態で有る、
反対者が多い中、何故、行政は、早く決断を下さ無いのか、理解に苦しみます、
何が悲しくて、神奈川県の残土を、わざわざ、艀で、運んで来て、自然豊かな、房の大山に、廃棄しなくては、ならないのか、坂田を犠牲にして、館山市に、何のメリットが有るのか、将来、名勝地で有る鏡が浦、(東京湾)が、汚染されても良いのか、疑問に思う所である、
又、反対者の署名では無く、賛成者の署名を、取ったらどうか、多分、1割にも、満たない事だろう、
11月23日(水曜日)事業者所有のミカン園に、事業者が用意するバスで、見学に行くそうだから、此のバスに、乗車する者が、坂田の賛成者の全てで有ると思います、
小生は、1945年、1月、船形 西地区に生を受け、船形小学校、第一中学校、安房水産高校及び専攻科を卒業し、海技免状取得後、船会社に就職、船舶職員として、材木船、オーシャンタグ、重量物船、冷凍船、タンカー、貨物船等々に乗船し、15年間、世界各国を回って来ました、其の後、陸上勤務を命じられ、海務監督として、東南アジア方面、日本では北は室蘭港、南は大分港まで、出張の毎日でした、
2008年1月退職し、生涯大学校(南房学園)に、入学、卒業し、現在は、セントラルクラブに入会し、老後を自然豊かな坂田で、元気に過ごそうと、思っていた矢先に、此の騒ぎです、
行政の責任者が、正常な判断を下す事を、望みます。
スポンサーサイト



カテゴリ
プロフィール

むろあつみ

Author:むろあつみ
館山、西岬が大好き!
田舎を守る難しさを
たくさんの人に
知ってもらいたい
館山市議会議員1期目
【以前のブログ】

月別アーカイブ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 館山情報へ
にほんブログ村
ランキング
リンク
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR