FC2ブログ
2012-07-10(Tue)

裁判、初・参加してきました

7月6日、館山市と金丸市長に対する住民訴訟の第一回口頭弁論に参加しました。

裁判所法廷に当事者として足を踏み入れたのは、初めてのことです。

4月6日に原告(館山住民16名)が訴状を提出し、
それに対する被告側からの答弁書が7月4日夜、
原告代表宛にFAXで届きました。
実際に原告が答弁書を目にしたのは裁判前日です。
(答弁書回答締め切りは6月29日だったようですが・・・)

当日、千葉地方裁判所で
多見谷寿郎裁判長と裁判官、書記官、
原告出席者9名が原告席に座り、
被告側は代理人の弁護士、市の職員など数名。
その他、傍聴人席34席が満席で、入れない人もたくさんいました。
館山や鴨川等からも、50名を超える原告応援者が駆けつけてくれたからです。

意気込んで臨んだ裁判でしたが、
ほんの10数分程度で終わってしまいました。

「答弁書に対する反論は?」と裁判長から聞かれ
「昨日みたばかりなので答えられません」
という原告回答に対し、
「では次回までに準備して下さい」
ということで終了となりました。

原告側が、
資金的余裕もないので弁護士を立てずに皆で力を合わせて智恵を絞っている、
回答期限にも猶予が欲しい。
また、答弁書をきちんと事前に読み込むためにも
被告からの答弁書は、当然、期限厳守で提出して欲しい、

という発言をしたところ、

裁判長は、
「原告16人もいるのだから、弁護士を雇う費用くらい集められるでしょう」
だそうです。


今回、「用途廃止が行政処分にあたるかどうか」
(そうでなければ住民訴訟の要件を満たさないことになる)
という入り口部分での争いになるだろう、ということを想定して、
原告側は準備書面も予め作り、提出していましたが、
これも、被告側はまだ読んでいなかったということでした。

さらに、原告側が訴訟に至った真情を裁判官に少しでも理解して欲しい、
と事前に口頭での「意見陳述」を希望する旨を申請していましたが、
答弁書の反論がまだだから、という状態で
意見陳述もさせてもらえずに終了となったのです。

次回、8月31日という期日が決められ、
それまでに反論を準備する、ということになります。


坂田の残土問題、詳細はこちらもご覧下さい。







続きを読む

スポンサーサイト



カテゴリ
プロフィール

むろあつみ

Author:むろあつみ
館山、西岬が大好き!
田舎を守る難しさを
たくさんの人に
知ってもらいたい
館山市議会議員1期目
【以前のブログ】

月別アーカイブ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 館山情報へ
にほんブログ村
ランキング
リンク
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR