FC2ブログ
2017-03-25(Sat)

3月議会が終わりました!(とりあえずの総括)

今議会では、
3月1日の行政通告一般質問での1時間、
当初予算質疑で約40分、
それぞれ執行部との議論を行った他、
最終日には、平成29年度予算の討論を行いました。

<行政通告一般質問>
H290301gikai

これから市政報告書に概要をまとめますが、
30日間は録画もみられますので、ご覧いただければと思います。

1.一般通告質問 (第2日午後1)
若いお母さん達が傍聴に駆けつけてくれて
新しい課題にも取り組むことができました。

2.予算質疑 (第5日)
盛りだくさんの内容となりましたが、
細かい点で成果があったと思います。

一 地域防災リーダー養成事業について
 消防団と防災士との連携を議論し、
 女性消防団の立ち上げにも
 市職員の協力を再要請しました。

二 ふるさと納税推進事業について
 以前から要望していた、
 館山市民のふるさと納税の返礼品を
 4月から取り入れてくれることになりました!
 市民全員が、館山市のふるさと納税のPR隊になれば、
 と思っています。
 <ふるさと納税参考資料>
 過熱する「おトク」競争にブレーキを。ふるさと納税で考える地域のプライド

三 福祉施設運営事業について
 (マザーズホームについて)
 発達障害児への支援について、
 再度要望を致しました。

四 ごみ再資源化事業について
 ゴミ減量化にも繋がる”集団回収”についての
 周知を要望しました。

五 船形館山線道路整備事業について
 財政が厳しい中、大型事業の抜本的な見直しが
 なされたのかどうか疑問が残りました。


3.平成29年度予算に対する討論
 (第6日、57分頃から)

一方的な意見の表明なので
長いですが、原稿をそのまま
以下に記載します。
賛成か反対かを含め、
相当悩んだ結果です。

 議案第1号 平成29年度館山市一般会計予算について、
賛成はしますが、
課題を指摘すべきとの思いがあり
討論致します。

 昨年、市長は安房広域でのゴミ処理施設建設からの
離脱を突然、表明し、議会としても賛成多数で
これをやむなく追認しました。これは、
近隣市町との約束を反故にすることであり、
信頼関係も大きく損ないました。

 この離脱表明の主な理由が
財政面でのことでしたので、
それほど市の財政が危機的状況にあると
考えざるを得ません。
財政調整基金が数年で底を尽く、という
説明もありました。
こうした状況での予算編成には、
これまで計画していた投資や、
例年決まった支出である補助金なども含め、
聖域なく全てゼロベースから
抜本的に見直すべきではないでしょうか。

 しかし、上程された平成29年度予算案からは、
そのような本気の改革がみられませんでした。
今回の予算編成過程では、
各課からの要求総額約185億円に対し、
査定により約10億円削減した
との説明を頂きました。
査定がいつもより厳しかったことは
想像できますが、
従来のやり方を踏襲しているに過ぎず、
抜本的な見直しとは言えません。

 また、5年ぶりに前年度予算額を
下回るとのことですが、
大幅減の大きな理由は
大規模投資事業が完了したことであり、
惰性で続いているような支出も含め、
全て俎上にのせて
その緊急性や必要性を厳しく問い直した
形跡はほとんどみられません。
一方、特別職や一般職員の給与削減に
手をつけたことで、
人件費比率が18.5%と、
10年前に比べ5ポイントも減少しています。
役職者はともかく、
一般職員の給与削減については、
最後の聖域に安易に手をつける前に、
やれるべきこと全てを検討し尽くした
と言えるのでしょうか。

 ここで、抜本的な経費見直しの例として、
我孫子市の補助金交付制度を
ご紹介したいと思います。
1999年に当時の市長が、
補助金の抜本的見直しをするために、
補助金を全て廃止とし、
翌年度から補助を希望する団体を公募し、
第三者機関である市民の委員会で審査し、
その結果に基づいて補助金を交付するよう
改めました。
さらに一度交付が決まっても
最長3年間でまた白紙に戻し、
必要であれば再度
応募し直さなければならない。
そういう制度を今も継続しています。
これにより既得権を一切なくし、
時代に応じた新たな団体への補助も
しやすくなったということです。

 翻って館山市は、繰り返しになりますが、
広域のごみ処理施設建設にも
参加できないほど、財政運営が極めて厳しくなる
と執行部は予測していました。
しかし、今回の予算編成によって、
将来的な財政予測が
どのように改善されていくのか、という
具体的な数値はまだ示されていません。
市民の将来にとって重要な判断をするにあたり、
またも材料不足と言わざるを得ません。

 結論として、今回の予算案に賛成するのは、
いたずらに市政の停滞を招くわけにいかない
という理由だけであり、
これまで縷々述べてきたように
むしろ問題は多々あります。
執行部には、
平成30年度予算案策定までに
抜本的な財政改革に取り組むこと、
及び今後、速やかに財政改善の道筋を
明らかにしていくことを強く要望致します。
私自身も一議員として、
長期的な視点でより専門的に
館山市の財政状況を把握し、
改善策を共に考えていくことを
課題としていることを表明し、
賛成討論を終わります。





【ご参考】
館山市議会
館山市議会議員会派別HP


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 館山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



カテゴリ
プロフィール

むろあつみ

Author:むろあつみ
館山、西岬が大好き!
田舎を守る難しさを
たくさんの人に
知ってもらいたい
館山市議会議員1期目
【以前のブログ】

月別アーカイブ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 館山情報へ
にほんブログ村
ランキング
リンク
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR