fc2ブログ
2021-11-29(Mon)

白浜で鍼灸整骨院を開業した 峯龍太 さん  ~むろあつみの勝手に応援 Vol.7~

~安房で活躍する人を応援しています!~

今回は、白浜の柔道整復師・鍼灸師の峯龍太さん、33歳。
今年5月、野島崎灯台たもとで「みね鍼灸整骨院」を開業しました。
峯さん1

―――――――――
◆いずれ独立するつもりで東京で修業した20代
―――――――――
生まれ育った白浜の土地や人が大好きで、祭りも楽しくて、一度は東京に出ても地元に帰ってきたいと思っていました。
仕事がなければ自分で仕事を作ればいいと思い、親も好きなことをやれ、と言ってくれていました。

安房高校の時から柔道をやっていたので、「接骨院」は身近にあり、柔道整復師の資格が取れる学科のある大学を選んで通いました。

大学卒業後はそのまま東京で接骨院に勤めましたが、夜間に専門学校にも通って鍼師、灸師の資格も取りました。

最初に勤めた接骨院は、従業員5人で1日に80~100人ほどの患者さんが来られるお店でした。
技術を覚えることもそうですが、とにかくコミュニケーションが苦手で、最初は患者さんとあいさつや天気の話くらいで、話が続きませんでした。
院長から「相手から気持ちを感じ取るように」とのアドバイスを受けて、少しずつ話せるようになってきました。

東京で6年間勤めた後、もう少し技術を学びたくて、地元の接骨院に4年間勤めました。
ここではたくさんの機械があり、その使い方を習ったり、2店舗目を出す時にそこを任せてもらったりしました。

またその頃、館山のスポーツジムでトレーナーもしていました。

―――――――――
◆32歳で独立・開業
―――――――――
今年5月、「みね鍼灸整骨院」を開業しました。
峯さん2

両親が野島崎灯台のたもとで「見晴亭」という食堂を経営しているのですが、その建物の1階の土産物屋の一角の物置になっていたところを改装して使わせてもらっています。
機械は、少しずつ増やしていくつもりです。

患者さんは、けがの学生や60代以降の慢性疾患の方が多いです。
宣伝は、チラシを手配りしたり、房日新聞の広告やインスタ等で行っています。
昔から、白浜で整骨院をやりたいと言っていたので、知人が口コミでも宣伝してくれています。

最初から独立するつもりだったので、東京で勤めていた時にも分院を任せてもらい、色々な経験を積んできました。チラシを作って朝ポスティングしたり、商店街のイベントに顔を出して地域の仕事をしたりしたこと、また保険管理や経費など、経営面のことも学んでいたので、比較的スムーズに独立できたのだと思います。

独立して、多少の不安はありますが、責任も強く感じるようになり、今までこのために修行してきたので頑張るぞーという気持ちで楽しく過ごしています。

峯さん3

和田に勤めていた時に知り合った奥様と二人三脚で、明るい整骨院です。
コミュニケーションが今でも課題、とのことでしたが、特に高齢の患者さんからの評判はすこぶる良いです。

奥様にも「みね鍼灸整骨院」の特徴をお聞きしました。

『患者様とよく話し合い、コミュニケーションをとることでケガの治療だけでなく、心身共に健康を目指し、生活の質の向上を目標としています。
また、外傷のみでなく自費診療としての慢性的な痛みの治療も行っていて、交通事故のケガや、労災によるケガの保険も対応しています。』

―――――――――
※ところで、柔道整復師とは・・・
「柔道整復師」ってどんな資格なのか、私も詳しくは知らなかったので調べてみました。

▼公益社団法人柔道整復師会HPより
https://www.shadan-nissei.or.jp/judo-therapist/

接骨院、整骨院、ほねつぎという名前は、柔道整復師の資格がないと使用できないそうです。
資格を取得するためには、高校卒業後、専門の養成施設か、文部科学省が指定した四年制大学で解剖学、生理学、運動学、病理学、衛生学、公衆衛生学などの基礎系科目と柔道整復理論、柔道整復実技、関係法規、外科学、リハビリテーション学などの臨床系専門科目を履修して、国家試験を受けて合格する必要があります(厚生労働大臣免許)。

接骨院や整骨院では、柔道整復師によって、骨・関節・筋・腱・靭帯などに加わる外傷性が明らかな原因によって発生する骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷などの損傷に対し、手術をしない「非観血的療法」によって、整復・固定などを行い、人間の持つ治癒能力を最大限に発揮させる施術を行っています。

―――――――――
◆地域を盛り上げたい
―――――――――
先ずは本業を軌道に乗せていくことが最優先ではありますが、将来子どもができた時に、ここに残れと言えるように、白浜や安房地域を元気のあるまちにしていきたいと考えています。
1人ではできないので、地元に残った人間で仲間を集めて。

近いうちに弟さんが戻ってきて見晴亭を継ぐ予定もあるそうです。
楽しく過ごすことができた地元に「恩返し」をしていきたい、という熱い思いを語ってくれました。

峯さん4

―――――――――
◆インタビューを終えて
―――――――――
複数の知人からの評判がとても良かったので、初対面でしたが取材させて頂きました。
ご本人の人柄もさることながら、お父様も素晴らしいなぁと思いました。
(見晴亭で食事をしながら色々お話をお聞きしました)

「仕事がないから帰って来られない、ではなく自分で仕事を作ればいい」という子育て。
こういう親御さんが増えれば、生きる力のある若者がこの地域にも増えていきそうですね!


▼みね鍼灸整骨院
南房総市白浜町白浜623-14
TEL 0470-28-4690
インスタグラム @mine_shinkyu_seikotsuin



★『むろあつみの勝手に応援!
だけを集めたブログをはじめました。
https://ameblo.jp/muronovenus/

★あつみの部屋というLINE公式アカウント始めました!
宜しければ以下のリンクから友だち追加してください。
友だち追加

https://lin.ee/gMlexiJ

QRあつみの部屋


Youtube動画むろあつみ
*日曜街頭演説を続けています。
チャンネル登録もよろしくお願いします


むろあつみHP


布良崎神社神輿修復委員会

館山こども食堂FBページ
スポンサーサイト



カテゴリ
プロフィール

むろあつみ

Author:むろあつみ
2010年に館山市に移住。
2017年館山市長選挙に挑戦。
2022年館山市議会議員(2期目)辞職

【FB】
【以前のブログ】

月別アーカイブ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 館山情報へ
にほんブログ村
ランキング
リンク
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR