fc2ブログ
2023-04-29(Sat)

データでみる市議選結果

館山市議会議員の選挙が終わりました。

以前の職業の関係でデータをみてみたくなるクセがあり、今回の選挙結果について考えてみました。

投票率推移

一番気になったのは、投票率が大きく落ち50%を割り込んだこと。
(記録史上最低、だそうです!)
4年前の市議選と比べ、3,500票も減っています。

市議選というのは、候補者も多く、地方では知り合いがたくさん出ている、ということもあって最も関心が高くて、一番投票率の高い選挙のはず。
でしたが、今回は半年前の市長選の投票率も下回りました。

投票率低下の理由の一つは、高齢者など投票所に行きたくても行けない人が増えていること。
これに対し、総務省では『移動期日前投票所』の取組事例をHPでも紹介し、積極的に取組むよう呼び掛けています。
ぜひ参考にして欲しいですね。
https://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/news/senkyo/idoukijitsuzen/index.html

また、最も根本的な問題として、市議の役割が(議員ですら)よく理解されていない、だから選ぶ基準が分からないのではないか、と危惧しています。
だからこそ、親せきや同級生を応援する、人気投票のようにもなりがちですが、市民が基本的な市議の役割を知り、現職であれば4年間の活動が評価される場にしていくことで、「有権者が政治家を育てる」ことにもつながります。

<市長と市議会の関係>

市議の大事な役割は、絶大な権力を持つ市長が取り仕切る市政に対して、沢山の目で様々な角度からチェックしたり提案したりして、よりよい市政を実現していくことにあります。
従って、市議には多様性が大切だし、ある程度の専門性を持つ人達が、様々な課題に対して常に市民目線で議論していくことが望まれます。
また、市長提案に対して何でも賛成(反対)ではなく、是々非々で対応する姿勢が大切です。
(”市長与党”とかいうのはナンセンス!)

そう考えると、今回の市議選で市長が熱心に特定候補者を応援している姿を見かけましたが、選挙で市長に借りを作るようなことは避けた方がいいのではないかと違和感を持ちました。

館山市議会議員選挙結果

市政への関心を高め投票率を向上させることが、新しい市議に課せられた大きな課題と言えるでしょう。

なお、今回の得票数や候補者数をみると、人口減少に伴う議員定数削減についても検討すべき時かもしれません。
公約に掲げている候補者もいたので今後の議論に期待したいです。

(ご参考まで)
4年前の市議選の年代別投票状況
(サンプル調査になります)
市議選年代別投票率(H31)



★「あつみの部屋」LINE公式アカウント☟
むろあつみから、情報をお届け致します。
誰が登録しているか他の方には分かりません。
むろあつみに直接、ご意見やご質問、ご相談ができます。
以下のリンクから友だち追加してください。
友だち追加
https://lin.ee/gMlexiJ

QRあつみの部屋

★『むろあつみの勝手に応援!』だけを集めたブログはこちら☟
https://ameblo.jp/muronovenus/


Youtube動画むろあつみ
※チャンネル登録もよろしくお願いします


むろあつみHP


▼今更ながらの自己紹介動画
www.youtube-nocookie.com/embed/gg3k-vhOMJg

▼丸紅OB会 投稿記事 (私が市長選挙に挑戦したワケ)
最初の市長選のことです
https://www.marubeni-shayukai.com/letter/letter_main/entry-595.html
スポンサーサイト



カテゴリ
プロフィール

むろあつみ

Author:むろあつみ
2010年に館山市に移住。
2017年館山市長選挙に挑戦。
2022年館山市議会議員(2期目)辞職

【FB】
【以前のブログ】

月別アーカイブ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 館山情報へ
にほんブログ村
ランキング
リンク
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR