fc2ブログ
2012-11-26(Mon)

住民の訴えは却下されました

館山市と金丸市長に対する住民訴訟について、
11月16日、判決が下されました。

結論は、我々原告(館山市民)の訴えは「却下」されました。

判決文本文

館山市の水路の「用途廃止」と、
(公共目的の行政財産から、売却可能な普通財産に振り替えたこと)、
その後の「売却」は、
それぞれ別の行為であり、
前者は財務会計上の行為にあたらない、
後者は私法上の契約であるため、
住民訴訟の対象にはならない、という門前払いです。

本来は、行政財産は法律で禁止されているのですが、
この解釈であれば、用途廃止をして売却する、という段階を踏むことで
行政財産であっても、市長の裁量により自由に売却が可能となり、
地方自治法238条の4は全く機能していないことに
ならないでしょうか

どう考えても、おかしな話だと思うのですが・・・


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 館山情報へ
にほんブログ村

坂田の残土問題に関する情報



スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

「却下」予想通り

むろ様、判決でましたね。

予想通りの結果です。
この国の政(まつりごと)を執り行う者の心は
まぁこんなものですよ。

もちろん結果に不満はあります。
ですが、今回は短い時間の中でできることはやったと思います。

そして未来の子供たちに大切な何かを守り伝えることができるのはそれらを考えている私達以外にはいないという事です。

まだまだこれからですよ。

戦い方が誤っているのでは?

 判決文を拝見しましたが、これは、裁判での戦い方を誤ったものではないかと思われます。
 裁判は、法令に則って行われるもので、法律の解釈に争いがあるものであれば、それ自体が争点にもなり得ますが、条文や判例から見て明らかにおかしな解釈を独自の見解で主張したところで、土俵に上がることもできません。
 却下になることを分かっていても、独自の主張をすることはありますが(例えば、動物を原告にした裁判などはその例でしょう)、よく分からずに却下されてしまうのは、単なる勉強不足でしょう。

 本件では、判決文自体は、至ってまともなことしか言っていませんから、原告がきちんと法律上の要件を満たすような請求(例えば市長や払い下げを受けた会社に対する損害賠償請求を求める4号請求)にすれば、門前払いをされることなく本案に入ることはできたでしょう。しかし、ルールに従った主張をせずに思いを述べただけに留まったために、却下で門前払いされたものと思われます。

 なお、「この解釈であれば、用途廃止をして売却する、という段階を踏むことで行政財産であっても、市長の裁量により自由に売却が可能となり、地方自治法238条の4は全く機能していないことにならないでしょうか」
と書かれていますが、そもそも、用途廃止をして売却するという行政運営に対する監査請求は、住民監査請求ではなく、事務監査請求や、選挙によって住民が判断すべき事項だと思われます。
 本件で事務監査請求はされているのでしょうか?

 住民監査請求・住民訴訟は、あくまで住民全体が金銭的な損害を被らない、被った損害を回復する、という趣旨ですから、自然自体を守りたいという、ブログ主さんの求めるものをストレートに得ることは難しいだろうと思います。
カテゴリ
プロフィール

むろあつみ

Author:むろあつみ
2010年に館山市に移住。
2017年館山市長選挙に挑戦。
2022年館山市議会議員(2期目)辞職

【FB】
【以前のブログ】

月別アーカイブ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 館山情報へ
にほんブログ村
ランキング
リンク
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR