2015-11-07(Sat)

『老鶴万里の心』長老から学ぶ

地元「房日新聞」の読者コーナーに
投稿文が今日、掲載されました。

感動をぜひ、館山の皆さんに伝えたいと思い、
このブログよりも閲覧者の多い新聞へ
約1年ぶりに投稿しました。

以下、投稿した全文です。


 沼の大寺(総寺院)の寺田信秀長老、今年96歳。
真言宗智山派3000寺のトップ(管長)として、
京都の智積院での4年の任期を満了し、帰山されました。
その寺田長老の講演会があり、参加してきました。
 3時40分起床の毎朝の勤行は、4年間のうち
熱中症で2日休んだだけ。400m(777歩)歩き、
28段の石段を登っての勤行は汗びっしょりになるそうです。
しかもこのお勤めは日に何回か行われると言います。
就寝前には、翌日来られる人のことを調べ0時近くなることも。
若い頃から47都道府県すべて旅してまわったことがあるため、
どこから来る人にも対応できます。
こうした経験から、若い時に勉強して、現状をよく見る、
旅をすることはとても大切と述べられました。
 京都から戻って来た長老に贈られた言葉が
「老鶴万里(ろうかくばんり)の心」。
年老いた鶴が羽を休めてまだ考えている。
もっといい世を作りたい、万里まで飛んでいきたいと。
まさに、寺田長老のお姿そのものです。
いくつになっても「次世代のために」という熱い思いを忘れない
凛とした姿勢は、本当に感動的です。
 あっという間の40分、しかもずっと立ち姿でのお話。
もっともっとお聞きしていたかった。
こんな素敵な方のいらっしゃる館山を、誇りに思います。
そして、有難く幸せ気持ちに満たされました。
 最後に福引がありましたが、日頃から地域のために尽力している
信心深い方に当たったのも、何かのお導きのように感じられました。

老鶴万里


【ご参考】
館山市議会
館山市議会議員会派別HP



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 館山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カテゴリ
プロフィール

むろあつみ

Author:むろあつみ
館山、西岬が大好き!
田舎を守る難しさを
たくさんの人に
知ってもらいたい
館山市議会議員1期目
【以前のブログ】

月別アーカイブ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 館山情報へ
にほんブログ村
ランキング
リンク
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR