FC2ブログ
2016-12-13(Tue)

12月議会 一般質問を終えた反省

12月議会の一般質問は、
大規模事業の質問2点でしたので、
事前に入念な準備を重ね、いつも以上の気迫で臨みましたが
またしても肩すかしの答弁が多く、
次回への持ち越し、反省が多く残ってしまいました。

時間切れで持ち出せなかったこともたくさんあり、
そのために執行部の発言を何度か遮ってしまいました。
(答弁が助長だったり、同じ回答の繰り返し、直接的な答えでないことで時間を使われるのが嫌で)
これに対しては、議会後に議運委員長から注意されてしまいました。
議長の許しを得てから発言しろ、ということでした。


私の思いはただ一つ。
市民のために「真剣に」あらゆる手を尽くして取り組んで欲しい!


1)給食における地産地消
9月議会で判明した給食における館山産比率(18.6%、米を除くと4.5%)が
あまりにも低く
私も、傍聴して下さった市民にも、衝撃的でした。

何とか打開する方法はないかと
9月議会で先進事例などを紹介したので、
その後、どのようなことに取り組んだのかと質問したのです。

市長は以前、
地産地消に「本気度はしっかりあります」と応えていましたし、
他議員への答弁で
「食は人を良くすると書く。食のまちづくりを進めるという信念に変わりはない」
という発言もあったので、
学校給食の現状を憂いて何か動きがあるに違いない、
と思っていました。

ところが・・・。
市長はじめ執行部との温度差は、あまりにも大きすぎました。

 教育長答弁の冒頭、
 具体的な取組みについて答える前に、
 国の食育計画を持ち出し、
 「県内産のものは目標値以上に使っている」と説明しました。
 (だから十分にやっている。これ以上しなくても良いだろう、
 というつもりでわざわざ説明したのでしょうか?)

 他市の先進事例についても、
 あら探しをするだけで、その熱い姿勢に学ぼうという意気込みは
 感じられませんでした。
 (本当は他もそんなにうまくいっていない。
 難しいことだから館山市ができなくても当然だ、ということでしょうか?)

 11月の「千産千消デー」で千葉県産、館山産を使うメニューを出した、
 という回答もありましたが、
 これは毎年やっていることで新たな取組みではありません。
 JAとの情報交換をした、という答えもありましたが、
 これも先方から話をしに来たことを「実績」として披露していたようです。

結局、新しい取り組みについて、具体的な話はありませんでした。

2)給食センターについても、
 23億円という巨額な金額について、
 納得できる回答を引き出すことはできませんでした。
 (いすみ市との10億円の違いについて)
 面積の違い、との説明がありましたが、2倍も面積があるわけではないでしょう。
 また基本設計だから余裕をみた数値だ、ということでしたが、
 では最終的に半分にで圧縮される、ということがあるのでしょうか?

館山市では揃えない炊飯設備について、
 (館山市は炊飯設備を備える方が高くつくと言って炊いたご飯の購入にこだわっています)
新規に採用する災害時の設備について、
 (費用対コストからみて適切な内容の設備なのか?)
まだまだ確認したいことがたくさんあります。
1割でもカットできれば、2億円の税金が節約できるのです。

この件については、議会の後、
建設経済委員会の話し合いで、
所管事務調査として詳細な調査をすることが決定しました。

3)安房広域ごみ処理施設計画の問題については、
 9月議会では3市1町の枠組みから外れることは考えていない
 (スケールメリットがあるから)
 という答えに終始していたのに、
 その後、一転して市長からの一方的な広域離脱宣言に関しては
 財政難の一点張り。
 納得のいく回答は得られていません。

館山市はもちろん、安房地域の将来に大きな影響を及ぼす事案なので、
あらゆる選択肢を並べ、そこから一番ベストな答えを出していく、
という過程が市民に対する誠意と思うのですが、
もう結論ありきで、頑な一方的な説明に終始しています。

現在の館山市の清掃センターは、
17億円で作られたそうですが
(後にダイオキシン対策のバグフィルター14億円追加)
この施設の延命化で32億円というが、それは妥当なのか?
それだけのお金をかけるなら
延命化でなく建て直しはなぜ検討しないのか?
(建て直しの試算すらしていません)
出野尾に広域の施設を作る、という案はどうなのか?
(時間短縮、コスト短縮が可能)

繰り返しますが、
できる限りの手を尽くして、市民も納得できる答えを出していくべきと
思っています。

市長の一方的な宣言で広域の取り組みから抜けることはできません。
館山市議会や、他市町の合意も必要です。
館山市議会としては、
12月議会の最終日の後、
全員協議会の場で意見をまとめることになりました。
難しい問題ですが、手抜きをせずに取り組んでいきます!

今回の質問では「交渉力」がキーワードになると考えました。
この点、私自身も執行部との交渉ですので、
議場で熱くなり過ぎず、
もっと冷静に議論するという姿勢が必要でした。
1時間の時間配分も、まだまだ上手くいきません。

今回の質問の冒頭の発言のみ、
以下に掲載しておきます。
その後の具体的なやり取りは、録画でご確認下さい。

(30日間は、録画も観られるようになりはした。
 事務局が経費削減の中、無料Ustreamを使ったシステムを作ってくれたので
 広告なども入りますがご容赦願います。)

【行政一般質問 冒頭】

こんにちは。今日7回目の質問では、「交渉力」をキーワードに進めて参ります。

人口が増加していた時代は、お役所の仕事も、増える税金をどのように分配するか、ということで、事務処理能力に長けていることが優れた資質だったのかもしれません。

一方、人口が減少し、税収も減少する中では、その使い道にこれまで以上に知恵を絞る必要があります。また、館山市の財政が非常に厳しい、ということが市長のレターで示されていましたが、そういう時こそ、特に大規模工事についてしっかり中身を検証することが大切です。

例えば10億円の事業であればその1割でも削減できれば1億円もの税金が節約できます。私が民間企業にいた経験上、発注側の知識が乏しければ足元をみられて高いものを買わされることはよくあることです。

ですから、業者の言いなりにならずしっかり交渉するためには、何よりもまず質の良い情報をたくさん手の内にそろえることが必要です。また相手がいることなので、発言内容やタイミングにも細心の注意が必要で、自分の都合ばかり押し付けては良い結果は望めるはずがありません。

今回、ゴミ処理事業と給食センターを取り上げたのは、このような背景があることを肝に銘じて頂きたい。質問に先立ち、参考になるところの視察にも出かけましたので、そうした内容もご紹介しながら議論したいと思います。


では、通告に従いまして質問させていただきます。

大きな1点目は、「安房広域ごみ処理施設計画について」です。
多くの議員が質問していますが、最初の質問は通告通りとし、再質問で詳細な数値に関して議論したいと思います。



小さな1点目。9月議会の補正予算質疑で私が質問した時には、
「ごみ処理施設を3市1町で集約する方が効率的な施設建設及びより低コストな管理運営が可能となることから、3市1町の枠組みから外れることは考えていません」との答弁でしたが、そのすぐ後に、広域から抜けて館山市単独でやる、という方針が発表されましたのでとても驚きました。
3市1町で建設する方が低コストという考えは誤りだったのでしょうか?数値で比較説明して下さい。

小さな2点目。館山市単独でごみ処理事業を進めるという方針転換について、長期的な展望はどうなっているのでしょうか。広域か単独か、どちらが良いのか決断を迫られていますが、延命化のための大規模改修工事の数値だけでなく、その後の建て替え計画の数値まで考えないと片手落ち、本当に市民のためになる判断ができないからです。


次に大きな2点目として、「新学校給食センターと地産地消について」お伺いします。

小さな1点目。館山市の新給食センター事業費は23億円と示されています。視察に行ったいすみ市の学校給食センターは、約13億円とのことでした。同じ設計会社が担当し規模もそれほど違わないのに約10億円もの開きがあるのはなぜでしょうか。その主な要因について教えて下さい。

小さな2点目。9月議会で学校給食における地産地消について質問しましたが、その数値は衝撃的でした。その時の議論を受けて、この3か月間、具体的にどのようなことに取り組まれたでしょうか。

質問は以上です。
ご答弁の後に再質問させていただきます。




【ご参考】
館山市議会
館山市議会議員会派別HP


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 館山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カテゴリ
プロフィール

むろあつみ

Author:むろあつみ
館山、西岬が大好き!
田舎を守る難しさを
たくさんの人に
知ってもらいたい
館山市議会議員1期目
【以前のブログ】

月別アーカイブ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 館山情報へ
にほんブログ村
ランキング
リンク
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR