FC2ブログ
2019-05-20(Mon)

臨時議会! 正副議長選挙と会派の関係

5月15日の臨時議会で
正副議長が決まりました。
議長・副議長ともに
全議員の無記名投票で決まりますが、
裏では事前に色々な根回しが行われます。
私は、立候補制にして
どういう思いで議長に立候補するのか、
事前に思いを皆さんに伝えてもらい、
それを元に各自が自由に投票できるのが
望ましい形ではないかと思っていますが
実際には会派ごとに
議長という役職の獲得競争があるようです。

ということで、
議会内の会派構成についてご説明します。
(館山市議会は、会派制を取っているそうです)
4月の選挙前は、
最大会派は、『市民クラブ』(以下、市民ク)と
『新政クラブ』(以下、新政ク)、
いずれも自民党の5名ずつでした。
その後、
市民クは2名が引退、新政クは2名が落選しましたが、
前者は新人1人、元職1人、後者は新人2人が参加して、
また5名ずつになりました。

次の会派は、改選前に3名だった
『たてやま21・緑風会』(以下21)が
選挙後に新人1人が参加して4名に。

公明党(以下、公明)2名、
社民党(以下、社民)1名は
選挙後も変わらず。
私も再度、1名で
『新しい風の会』を結成しました。

1期目に皆さんの発言や行動をみてみたところ、
21と公明が議会改革に最も積極的で
私も連携を取ることが多々ありました。

こうした背景もあり、
今回の議長選挙にあたり、当初
◎市民ク+社民(6名)
=本橋、石井敬、太田、佐野、秋山+鈴木順
◎新政ク(5名)
=鈴木正、望月、石井信、倉田、鈴木ひ、
◎21+公明+新しい風(7名)
=森、石井敏、榎本、長谷川+龍崎、瀬能+室
の3グループで候補者が分かれる予想でしたが、
(その場合は7票で榎本氏が選出)
市民クと新政クが交代で正副議長を出すことで
話し合いがつき
今回は、新政クの石井信重氏が議長、
市民クの太田浩氏が副議長、となりました。
(いずれも11票ずつ)

以前の市民クと新政クは、
ちまたでは反市長派と市長派とも言われ
(実際にはそうとも限らないかもしれませんが)
政策も異なることからお互い相容れず、
従って議長選で組むこともなく、
榎本議長が2年任期×2回就任となりました。

いずれにせよ、私は
会派の意向とかではなく
純粋に自分が適任だと考える人に投票したい
という思いから、
どの会派にも所属しない道を今回も貫いています。

新しい正副議長にも
市民の望む「新しい風」を受け入れて
議会改革にも積極的に取り組んでいただけるよう
期待しています。


むろあつみHP


Youtube動画むろあつみ
*日曜街頭演説を続けています。チャンネル登録もよろしくお願いします

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 館山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カテゴリ
プロフィール

むろあつみ

Author:むろあつみ
館山、西岬が大好き!
田舎を守る難しさを
たくさんの人に
知ってもらいたい
館山市議会議員1期目
【以前のブログ】

月別アーカイブ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 館山情報へ
にほんブログ村
ランキング
リンク
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR