FC2ブログ
2019-09-27(Fri)

9月議会の最終日 ~台風15号から19日目

9月の館山市議会は、
台風15号以降、議会日程を全て中止とし、
今日の最終日に凝縮して
全ての議案の議決をする
という異例の対応となりました。

一番悩んだのは、
二中の教室に間仕切りを作る、
という補正予算です。
これは、
三中の生徒が二中に移動するにあたり
普通教室が足りないので
間仕切りの工事をする、というものです。

いざという時にいつでも移れるようにする
ということだけ考えれば
反対するものではないのですが、
いざ、というのはもう今では!
という思いと
(台風15号の被災状況でもはや校舎の体をなしていない
 すぐにでも移転を決めるべき)
このままいけば二中と三中の統合ありきという
進め方に対する異議
(他のあらゆる選択肢も全て再検証すべき。
 特に被災を考えると旧南高・水産高の可能性を
 再度県と交渉すべき。)
をとなえたくて議案に反対しました。

このままずるずる三中に通わせ続けて
今日明日にでも地震が起こったらどうするのか。
黒カビの健康被害が起きたらどうするのか。
もっと”非常事態”という認識を持ち
緊張感を持って対応して欲しい
ということを訴えました。

また、平成30年度決算認定に関して、
政策の効果を最大限上げることを意識して欲しい、
台風15号の復旧・復興に多額の資金が必要になるため
来年度予算は、これまでにも増して
優先順位をはっきりさせて
全ての事業を根本から見直して欲しい
ということを訴えたつもりです。


むろあつみHP


Youtube動画むろあつみ
*日曜街頭演説を続けています。
チャンネル登録もよろしくお願いします

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 館山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

上っ面の議論と危機意識のない執行部&議員、それを許している市民

こんにちは、館山市議会お疲れさまでした。
何人傍聴に来ましたか?私は行けませんでした。ビデオを拝見しました。まず、危機意識がまったく感じなかった。あるいは言葉の危機意識はあっても、まったく切羽詰まった感覚はあるのだろうかと、ビデオを拝見し、我が目耳を疑いました。何を悠長な話をしているのか?!
特に市長と教育長にはいいわけばかり、はぐらかし、真摯な姿勢はまったく見られない。
あの校舎に通わされる子どもたちのことが一番心配です。頑張りましょう!

Re: 上っ面の議論と危機意識のない執行部&議員、それを許している市民

山本様、

思いが強すぎて追及がうまくできずに申し訳ありませんでした。
1年前にも耐震不足なら閉校をと主張しましたが、今回はさらに台風15号の影響から通わせ続けられる校舎とは思えません。
今日にでも地震が来たら、健康被害が起きたら、誰にも責任が取れません。今やっていることは地震が来ない前提の話ばかり。
市長・教育長とも「生徒の命最優先」という言葉を繰り返しますが、9月に入ってこれまでとは違うレベルで非常事態だという緊迫感がなくてお話になりません。まだ方策がないか引き続き考えますが、一議員としてこの状態を変えられない虚しさを感じています。

> こんにちは、館山市議会お疲れさまでした。
> 何人傍聴に来ましたか?私は行けませんでした。ビデオを拝見しました。まず、危機意識がまったく感じなかった。あるいは言葉の危機意識はあっても、まったく切羽詰まった感覚はあるのだろうかと、ビデオを拝見し、我が目耳を疑いました。何を悠長な話をしているのか?!
> 特に市長と教育長にはいいわけばかり、はぐらかし、真摯な姿勢はまったく見られない。
> あの校舎に通わされる子どもたちのことが一番心配です。頑張りましょう!
カテゴリ
プロフィール

むろあつみ

Author:むろあつみ
館山、西岬が大好き!
田舎を守る難しさを
たくさんの人に
知ってもらいたい
館山市議会議員1期目
【以前のブログ】

月別アーカイブ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 館山情報へ
にほんブログ村
ランキング
リンク
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR