FC2ブログ
2019-11-27(Wed)

11月臨時会で災害関連予算55億円可決

11月22日に館山市議会で臨時議会があり、
約55億円の補正予算が可決しました。

9月の台風15号以降、
ほぼ災害関連で予算合計
約90億円になります。
また、12月議会にも補正予算が予定されていて、
年内だけで約130億円の
災害関連の予算が組まれることになります。
大半は国や県からの補助で賄われますが、
市としての支出も少なくないので、
ただでさえ、厳しい状況にあった館山市の財政運営。
今年度末には蓄えてきた貯金(財政調整基金)が
底を尽くことになるそうです。

普段からの財政運営が、
こういう”いざ”という時にできることの差に
表れてきてしまいます。

今回の補正予算に関連して、
皆さんに2点お伝えしておきます。

1.若潮マラソン大会で追加約1,000万円
現在、家屋の修理費等の補助金の
相談窓口を開設して、
市の職員が対応にあたっています。
しばらくはこの状態が続くので、
1月26日に予定されている
若潮マラソン大会に
これまでのような大量の職員を
あたらせることができないため、
開催方法の変更や
外部委託を増やすなどのため
追加で経費がかかるというものです。

内容を確認すると、
例年、前夜祭と当日で
約延べ300名の職員が働いていましたが、
それを200名程度に削減します。
(人件費▲約650万円)
一方、業務委託費が+1000万円ですが、
この中には
前夜祭中止(▲約50万円)。
前日と当日受け付けを中止して
代わりに受付票など郵送費が発生
(+約400万円)
なので実質的な委託人件費増が
+約650万円なので、
トータルでみると市の税金支出は
ほぼ変わらない状況になりそうです。

これまで、マラソン大会はやや黒字、
と説明がありましたが、
それは委託経費と参加費がほぼトントン
ということであって、
職員が300人も関わるその人件費分が
(約2000万円)
本来は赤字事業と考えるべき
イベントでした。

今回は、自粛ばかりでは
長い目で見た経済衰退も心配
ということで、
全国から人を呼べるマラソン大会は
復興マラソンとしてやろう!
という意見も多く、
実現すべく動いています。

ただ今後は、
委託料や運営方法などについて
見直しをすべきと考えています。

2.ふるさと納税の使い道
災害後に支援金として、
全国からふるさと納税が
約1億円集まりました。

この使い道を聞いたところ、
家屋修理費の不足分と、
生活支援金に
半額ずつあてられるとのこと。

寄附して下さった方は、
本当に困っている人のところに届くのか
ということを気にされているので、
「全額全てを屋根修理補助に使いました!」
というような
一番困っているところに届いたんだな
と分かりやすい使い方を心がけるよう
要望しました。
前から言っていることですが・・・

臨時会の様子は、
YouTubeで約2か月間、みられます。

先週の日曜街頭演説でも
お話しました。




むろあつみHP


布良崎神社神輿修復委員会

Youtube動画むろあつみ
*日曜街頭演説を続けています。
チャンネル登録もよろしくお願いします

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 館山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カテゴリ
プロフィール

むろあつみ

Author:むろあつみ
館山、西岬が大好き!
田舎を守る難しさを
たくさんの人に
知ってもらいたい
館山市議会議員1期目
【以前のブログ】

月別アーカイブ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 館山情報へ
にほんブログ村
ランキング
リンク
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR