FC2ブログ
2020-02-04(Tue)

『麦の会』 お困りごと改善への第一歩

先日、見学した朗読ボランティア『麦の会』
からお聞きしたお困りごとについて、
解決策を探ってみました。

公共施設の担当課を探して聞いて回ったところ、
この件は管財契約課とのこと。

ボランティアを管轄するのは社会福祉協議会ですが、
4号館の建物は市の持ち物で、
管財契約課はいわば大家さんのような立場ということで、
色々な案を出してくれました。

そこで、社協の局長と次長、
管財契約課長と担当者、
麦の会の会長と責任者、
一堂に介して打合せの場を設定しました。

1.『トイレや他の部屋のドアの開け閉めの音がうるさい』
(録音し直しになってしまうことも)
については、管財契約課の担当者が
ドアの開閉を調整する部分の金具を調整してくれて、
即、解決しました。

2.『録音室が暑くて横の準備室が狭い』
については、
録音室にもエアコンを設置してくれることになりました。
また、部屋の大きさは変わらないものの、
録音室に繋がる準備室に
机1つ増やし、上部に棚を作ってもらえることになり、
麦の会の方からは
「色々な荷物が置けるようになって嬉しい」
とのお声をいただきました。
(材料は社協で、大工は管財契約課で負担することに。)

3.『作業する専用の部屋が欲しい』
に関しては、継続検討となりました。
実は、大きな倉庫が一つあり、
ここの荷物を整理してもう一つの倉庫に入れれば
使える部屋が一つ作れそうな感じです。
ただこれに関しては、社協側から
「少し検討させてくれ」ということでした。
(本当は、先の2点が改善されたので
 この点は勘弁してくれ、という雰囲気でしたが、
 前向きに検討してもらうように念押ししてきました)

打合せ後に、麦の会の方からは、
今まで何度も要望してもずっと進展がなかったのに、
こんなにすぐ話が通ってビックリ嬉しい
と言って頂きました。

本来は、障害者のために広報紙を朗読して届ける
という大切な役割を果たしている団体に対して、
社協がもっと真摯に耳を傾けて対応すべきです。
(市長にも訴えていたそうですが)

今回は、管財契約課の皆さんが
気持ちよく対応してくれて、
長年の懸案事項が改善への第一歩が踏み出せて
良かったです。

(ただ3.に関しては、
 今後の検討状況も確認していかないといけないですね)

0106麦の会2
0106麦の会1




むろあつみHP


布良崎神社神輿修復委員会

Youtube動画むろあつみ
*日曜街頭演説を続けています。
チャンネル登録もよろしくお願いします

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 館山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カテゴリ
プロフィール

むろあつみ

Author:むろあつみ
2010年に館山市に移住。
2017年館山市長選挙に挑戦。
現在、館山市議会議員2期目。
【FB】
【以前のブログ】

月別アーカイブ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 館山情報へ
にほんブログ村
ランキング
リンク
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR