FC2ブログ
2020-04-18(Sat)

新型コロナウィルスから問われていること

誰もが経験したことのないような
世界的な非常事態を前にして、
私の(市議の)立場で
今、困っている人のために何ができるだろうか。。。
毎日自問自答しながら、
自分の非力さに忸怩たる思いをしています。

当初は、
とにかく命最優先に、早く終息させることが大切
ということばかり訴えてきました。
(経済的な心配もその通りなのだけど、
長引けば結局、皆がより大変なことになるので)

でも今、短期終息は難しくなり、
長期戦を覚悟しなければならないとなると
いよいよ、医療崩壊などの命の危険と共に、
経済面から本当に危機的な状況に陥る方も
増えてきてしまっています。

ここまでくると、
もう市のレベルでできることは少なくて、
(通常、どのような市政運営をしてきたか、
 ということが、こういう非常時の対応力の差で
 明確に表れてきてしまいます)
都道府県ですら、その実力により対応が異なってしまう。

国に頼らざるをえないのだけれど、
地域毎に大きく事情が異なったり
現場感覚を知らない官僚が作る政策も
この危機を乗り越えるには
スピード感や使い勝手など、問題が多い。

それでも「市議会」として
何かできることはないのか、
議員間で話し合いたいと思って
議長に呼びかけていますが、
あまりのスピード感のなさに
怒り心頭の1週間でした。

*これまでFBを中心に、
この危機を乗り越えるのに
参考になりそうな情報を
紹介するようにしてきました。
特に、周りの人たちを救う具体案を
次々と考え実行している西野亮廣さんの
ブログ紹介が多くなっています。
(日本最大のオンラインサロンを運営。
 メンバーが5万人に届きそうな勢いで、
 館山市の人口をこえるコミュニティを
 形成しています)

そして、
今すぐの手助けにはならないかもしれないけれど、
今後、生き方働き方の
根本を見直す必要がある、
その鍵はやっぱり「助け合い」なんだなぁ
と思ったブログが
こちら👇です。
コロナとの対話




むろあつみHP


館山こども食堂


布良崎神社神輿修復委員会

Youtube動画むろあつみ
*日曜街頭演説を続けています。
チャンネル登録もよろしくお願いします
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

世代交代

この状況でも、金持ち大臣〈麻生氏〉や財務省の危機感のなさが見えてきました。もう老害政治家は既得権益を捨てて退いて、若い世代に譲るべきです。なぜならこれからの未来は安倍麻生二階が作るのではなく、若い世代なのだと思います。時代を変えるために旧組織は合いません。国会の場でPCを開いている人が何人いるか。。。AIを市民に提唱しつつ、国会では旧アナログな方たちばかり。一刻も早く若い世代の頭脳に期待したい。この難局を乗り越えたら国を挙げて経済復興をしなければならないのに、その人材の命を失おうとしている、一刻も早く紙幣を刷って経済援助をしてをして国民を守って欲しい。2025年に75歳以上になる団塊の世代がコロナで少なくなることを期待するなどという悪い噂はフェイクだと証明するために、大村先生のイベルメクチンの日本での実用化をすぐに検証してほしい。日本はそれができる頭脳がそろっている。アンダーグラウンドでうごめくシンクタンクの方向性など吹き飛ばして、新しい共生の時代をつくりましょう。昭和の組織の時代、平成の個の時代、令和は共生の時代と言われています。

Re: 世代交代

結局、政治家を選ぶのは「選挙」なので、国民が投票行動を変えない限り世代交代はできません。
市議も同じ。今時スマホやPCができない議員がいるために、オンラインでの情報交換もできず、連絡はいまだにFAX!
そういう議員のレベルに皆が合わせなければならない状況を何とかしたいのですが、選挙で選ばれてしまうと本人は変わりません。
共生が大事!ということを気付くことがコロナからの教訓のような気がしています。

> この状況でも、金持ち大臣〈麻生氏〉や財務省の危機感のなさが見えてきました。もう老害政治家は既得権益を捨てて退いて、若い世代に譲るべきです。なぜならこれからの未来は安倍麻生二階が作るのではなく、若い世代なのだと思います。時代を変えるために旧組織は合いません。国会の場でPCを開いている人が何人いるか。。。AIを市民に提唱しつつ、国会では旧アナログな方たちばかり。一刻も早く若い世代の頭脳に期待したい。この難局を乗り越えたら国を挙げて経済復興をしなければならないのに、その人材の命を失おうとしている、一刻も早く紙幣を刷って経済援助をしてをして国民を守って欲しい。2025年に75歳以上になる団塊の世代がコロナで少なくなることを期待するなどという悪い噂はフェイクだと証明するために、大村先生のイベルメクチンの日本での実用化をすぐに検証してほしい。日本はそれができる頭脳がそろっている。アンダーグラウンドでうごめくシンクタンクの方向性など吹き飛ばして、新しい共生の時代をつくりましょう。昭和の組織の時代、平成の個の時代、令和は共生の時代と言われています。

No title

むろさん、
これは館山では無理です。
あと50年かかりますよ。。。

国は動くかもしれませんよ♪
カテゴリ
プロフィール

むろあつみ

Author:むろあつみ
2010年に館山市に移住。
2017年館山市長選挙に挑戦。
現在、館山市議会議員2期目。
【FB】
【以前のブログ】

月別アーカイブ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 館山情報へ
にほんブログ村
ランキング
リンク
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR