FC2ブログ
2020-06-05(Fri)

自殺の9割は他殺である

図書館で、ショッキングなタイトルの本を見つけました。
「自殺の9割は他殺である」
読み進めるにつれ、とても説得力があります!

6月議会の準備で
「自殺」について調べている中で、
この10年ほどで国の施策が前進し、
考え方が大きく変わってきたことが
分かってきました。

それまで、自殺は
「個人の問題」
ととらえられがちでしたが、
実は自殺の多くが
”社会的に追い込まれた末の死”であって
背景には複数の原因がある。
「社会の問題」として捉えなければ
解決はできない(自殺は減らない)だろう、
という考え方です。

最初に紹介した本でも、
元東京都監察医務院長の著者が
”本来、生物は自ら命を絶つようにはできていない。
にもかかわらず、自ら死を選んでしまうということは、
相当な動機・理由があるはずである。”
”つまり、周囲の環境に追い詰められての結果であって、
決して本人だけの問題ではない。
直接、他人が手を下していないだけで、
殺されたのと同じなのである。”
といった記述があります。
そして、
”徹底的にその原因を追究する。
私たち一人ひとりの意識がそのように変わらない限り、
真に自殺の問題を解決し
予防することはできないのではないだろうか”と。

ところで、
身近な方の自殺、という経験、ありますか。
私は数年前、近所の70代の方が亡くなり
大変なショックを受けました。

どうしてそこまで思い詰めていたことに
気づいてあげられなかったんだろうか、
何かできることがあったんじゃないか、と。

これが身内だったら
とても激しく自分を責めてしまうことは
容易に想像がつきます。

何よりも真実を知りたい、
何を思い、何に悩み、何に苦しんでいたのか、
何を望んでいたのか。

こうした声にきちんと答えたい。
そして、
「誰も自殺に追い込まれることのない社会」は
どうしたら実現できるのか。
生き心地の良い町にするためには
どうしたら良いのか。

6月議会の私のメインテーマです。
実は、3月議会で取り上げた
LGBTや子どもの貧困問題とも通じる、
多様性を認め合える社会
というところに行きつきそうです。

20200605図書


*6月議会会議日程
https://www.city.tateyama.chiba.jp/gikai/page000756.html






むろあつみHP


館山こども食堂


布良崎神社神輿修復委員会

Youtube動画むろあつみ
*日曜街頭演説を続けています。
チャンネル登録もよろしくお願いします
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カテゴリ
プロフィール

むろあつみ

Author:むろあつみ
2010年に館山市に移住。
2017年館山市長選挙に挑戦。
現在、館山市議会議員2期目。
【FB】
【以前のブログ】

月別アーカイブ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 館山情報へ
にほんブログ村
ランキング
リンク
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR