FC2ブログ
2020-07-07(Tue)

全体計画ができていないと結果として無駄遣いになることの繰り返し

このところ毎月、臨時議会が開催されています。

今日の7月臨時議会では、
国の第2次補正予算を受けて
新型コロナウィルス感染症対応の
様々な支援事業が予算計上されました。

その中で、全額一般財源で行う
旧神戸小学校の浄化槽入替え工事291万円
がありました。

これに関して、
このような工事をする前に
全体の利用計画を作るべきではないか、
順序が逆だと
税金を効率的に使うことができない、
という、いつも指摘していることを
質疑と討論でまたしつこく訴えました。

ただ、
言いたいことが上手く伝わらなかったようなので
補足説明しておきます。
(実際のやり取りは、YOUTUBEでも観られます)

旧神戸小学校の利用状況は、現在、
◆房南こども園 (西棟)
◆公民館活動の一部 (管理棟)
◆体育館は一般開放で時々使用
となっています。
中央棟は、耐震強度の問題もあり、
現在は未使用です。

これまでの浄化槽は
143人槽のものでしたが、
修理では間に合わず、
今回21人槽のものに入替え工事する、
ということだそうです。(291万円)
21人槽にしたのは、現在の利用状況を鑑みてのこと。

今後、旧神戸小学校をどのように使うのか、
利用計画はまだ決まっていない、
ということでしたが、
そのような状況で、
21人槽の浄化槽を入れるのが適正かどうか
(規模も含めて)、
どうやって判断すればよいのでしょうか?

この先、例えば
房南こども園は、房南学園に移りましょう、
とか
公民館は1か所にまとめましょう、
など、旧神戸小を使わなくなるかもしれないし、
(浄化槽も不要になる)
反対に、
西棟の使い道も新しく考えました、
ということになれば、
21人槽では小さすぎる、
となるかもしれません。

要は、いつも順序が逆、ということです。

今後、人口が減少する中で
公共施設は20%削減しましょう、
という目標があります。
施設をたくさん抱えていることで
維持費がそれだけ多くかかり、
修繕などにかかる資金も多くなります。
公共施設の統廃合には
住民との話し合いも大切で
時間がかかるものですが、
だからといって先延ばししていては、
無駄なお金ばかりかかってしまうのです。

そういうことを考えれば、
公共施設の統廃合の議論は
急務と言えるのではないでしょうか。



私の質疑:47分くらいから
討論:1時間29分位から



むろあつみHP


館山こども食堂


布良崎神社神輿修復委員会

Youtube動画むろあつみ
*日曜街頭演説を続けています。
チャンネル登録もよろしくお願いします
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カテゴリ
プロフィール

むろあつみ

Author:むろあつみ
2010年に館山市に移住。
2017年館山市長選挙に挑戦。
現在、館山市議会議員2期目。
【FB】
【以前のブログ】

月別アーカイブ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 館山情報へ
にほんブログ村
ランキング
リンク
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR