FC2ブログ
2020-09-22(Tue)

20億寄附・前澤さんへのお礼のしかた

今日の房日新聞に、投稿が掲載されました!

20200922房日
<×紫綬⇒〇紺綬 の間違いです

 安房地域の私たちの暮らしを一変させた台風15号から1年が経ちました。地域内の助け合いだけでなく、各地から様々な形でご支援、応援を頂いて今なお復旧・復興が進められています。
 こうした中、南房総市に1000万円を寄付した前澤友作氏に紺綬褒章が授与される、という明るいニュースが飛び込んできました。これに対し「ふるさと納税で20億円も頂いた館山市こそ、こうした感謝を示すべきではないか」という市民からの声もあります。確かにその通り。ただ私は、一番のお礼は戴いた貴重なお金を有効に使うことではないかと思うのです。前澤さんのおかげでみんなが心から喜んで、それが将来へ続くものであるほど、寄附のし甲斐もあるのではないでしょうか。
 大金とは言え、目の前の財源不足の事業にあちこち使っていれば、何に使われたのかよく知られないうちにあっという間になくなってしまいます。また、黒字を維持できないような施設を作って後世の人達が苦しむようなことになってしまえば、前澤さんのお顔にも泥を塗ることになりかねず、それだけは絶対に!避けて欲しいです。
 元々、前澤さんのご意向は、観光振興に役立てて欲しい、ということだったそうで、それにはビジネスマインドが必要になります。市職員だけで考えるのではなく、全国からアイディアを公募してはどうかと市には訴えています。そうすればたくさんの方に館山市や安房地域のことを知ってもらうきっかけになるし、子ども達も参加すれば地域の将来を考える良い訓練にもなり郷土愛も強まるでしょう。審査員には前澤さんはじめ事業の評価ができる方にお願いする。発表会もイベントにして繰り返しニュースに取り上げてもらえば、館山市のPRにも繋がるし前澤さんの評価もうなぎのぼりです。
 前澤さんに「館山市を選んでよかった」と思っていただけるように、20億円を最大限に活かす方策を目指して欲しいと思っています。



むろあつみHP



館山こども食堂


布良崎神社神輿修復委員会

Youtube動画むろあつみ
*日曜街頭演説を続けています。
チャンネル登録もよろしくお願いします



スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

いやいやダメですよ

確かに箱モノを作るのは時代おくれですね。でも、全国の皆さんにアイデアをもらうのは、きっと館山市行政の無能さを周知することになりますよ。前澤さんにとっては、事業成功時の県民への恩返しのつもりでしょうね。コロナもあって、困った市民のために使うのが一番良いと思います。コロナの時は前澤さんのおかげで助かったという足跡が残せれば、前沢さんの意向に沿うのかもしれません。こういう国民が困っているときに、20億をどうしたらいいか?なんて全国に話すこと自体が無能な行政です。「20億は困った市民のために配分しました」というのが一番喜ばれると思いますが。最近の成田や君津の市役所爆破予告のゆかい犯を引き寄せるようなことは辞めましょう。

No title

すいません、もうひとついいですか。使わなくなった学校の校舎などを利用して、屋内で野菜や果物をLEDなどを利用して作る施設を考えてみてはいかがでしょうか?
知りあいの火山学者に聞くと、富士山は活火山で、東南海地震と同じ年に起きた過去があります。いま囁かれている富士山噴火があると、南房総は火山灰で流通が滞り、野菜不足に陥ります。無駄と思えるこの施設が将来の助けになるかもしれません。災害がない時は野菜レストランを併設すればいい。いま無駄と思えるものに投資するチャンスなのかもしれません。日本橋のPASONAビルではビル内で米と野菜を作っています。高速バスが高速を降りた交差点にありますが、この南部さんの話を聞くのもおもしろいかも。。。これは無駄な箱ものにしないためにもその運営にはアイデアが必要ですが興味のある企業との連携も探りながらのプロジェクトです。

カテゴリ
プロフィール

むろあつみ

Author:むろあつみ
2010年に館山市に移住。
2017年館山市長選挙に挑戦。
現在、館山市議会議員2期目。
【FB】
【以前のブログ】

月別アーカイブ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 館山情報へ
にほんブログ村
ランキング
リンク
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR