fc2ブログ
2022-06-21(Tue)

房州切子の継承者、中村俊一さん ~むろあつみの勝手に応援 Vol.18~

~安房で活躍する人を応援しています!~

今回は、房州切子の技術を唯一人、継承している 中村俊一さん、間もなく47歳です。

中村俊一さん1


―――――――――
◆東京でデザイン関係の仕事
―――――――――
長狭高校を卒業後、多摩美術大学に進むために東京に出ました。
子どもの頃から「人を驚かせたい」という思いがあって、デザインでそれができるのではないかと考えたからです。
身近なコミュニケーションのツールとして、広告に興味があり、大学で映像の勉強もして「人にものを伝える仕事をしたい」、という思いが高まりました。

吉本興業をはじめ広告代理店などで映像製作やTV、WEBの仕事をしていたのですが、結婚して子どもができると、館山の海や山がある自然の中で子育てしたい!と思いUターンしました。
40歳の頃です。
東京では約20年暮らしました。

―――――――――
◆技を継ぎ唯一の房州切子職人へ
―――――――――
館山に戻って最初の頃は、デザインなどの仕事も並行して行いながら、弟が継いでいた渚の中華料理店「正龍」を手伝ったり、ガソリンスタンドをやっている親せきのGS設備の仕事を手伝ったりしていました。

昔、家が雑貨屋をしていて、盆提灯や花火、結納や冠婚葬祭関連のものを扱っていて、房州切子にも見覚えがありました。
当時、この房州切子の職人は唯一人、国分にいる行貝實さんだけでした。
高齢なのでやめようかと思っていると知り、こんなにきれいなものがなくなるのはもったいないと思い、教えて欲しい、と行貝さんを訪ねました。

「もう高齢で教える体力もない」と断られたのですが、「遊びに来なさい」と言ってもらったので日曜日に通い、何かしら手伝うようになりました。
一年かけて通っているうちに「やってみるか?」と言ってもらえて、そこから修業が始まりました。

3年かけて全部の工程を教えてもらい、2017年に初めて一人で200個作ったのを見届けて、行貝さんは92歳で亡くなりました。
俊一さんは43歳になっていました。

中村俊一さん6

―――――――――
◆房州切子とは
―――――――――
房州切子は、飾り窓の形に切り抜いた紙を立方体の木枠に貼り、造花などで彩った「つり灯籠」です。
スギの木枠や障子紙を使用し、飾りの造花以外、全て手作業で行います。木枠にするスギの製材から紙の細工、組み立てと約40にも及ぶ工程があります。
金と白の2色で一対ですが、近年は1色のみの発注も増えていて、新盆を迎える家の仏壇や墓参りで飾られ、亡くなった人を送り出す道しるべとして使われます。

盆提灯の代表的な切子灯籠は、一般的には布製の大きなもので、弔うのに使い始めたのは鎌倉時代位からだったと言います。安房地域では、盆棚に使えるようにコンパクトに進化してきました。また燃やすものなので、紙と木で作られます。


中村俊一さん3

▲房州切子。右は今年開発したペット用

飾り細工の技法を活かして、火をともして灯りとして使う「ランプシェイド」など、他の用途開発も試みています。
中村俊一さん2


―――――――――
◆年間のサイクル
―――――――――
昔は、新盆の時に親せきが買ってあげて送るものでしたが、今は仏具屋がセットで新盆の中に入れるので、仏具屋さんからの発注が5月頃に入ります。
今年は、去年の実績を元に400個分の材料を作り始めました。

9月頃から、来年の分の材料作りを始めますが、「正龍」の手伝いとの掛け持ちです。
5月から7月にかけては、房州切子の組立て作業を集中して行い、お盆明けからはまた正龍の助っ人に、というサイクルです。

地元に帰ってみて、「広告」の難しさを感じていると言います。本人が宣伝しても、居ないところで噂話が間違って伝わってしまうようところがあるからです。一方、「もの」は説得力があるので、伝え方としても良いと感じているそうです。

中村俊一さん5


―――――――――
◆インタビューを終えて
―――――――――
伝統を守ってコツコツと地道な作業を続けられている姿には感動を覚えます。
取材後、記事をまとめるのに苦労している間に、房日新聞の取材に先を越されてしまいました!

中村俊一さん4

▼房州切子製造卸
有限会社那古屋開発
館山市那古1104-1
0470―27―4731

▼動画
https://youtu.be/5sZ1uMNO8k4

★ご自身のコメントをつけてシェアして頂くのも応援につながると思います!

#頑張る人を応援する 文化を作りたい
#地域内経済循環 を進めよう
#安房を一つに #ONEAWA #房州切子 #伝統




★「あつみの部屋」LINE公式アカウント☟
むろあつみから、情報をお届け致します。
誰が登録しているか他の方には分かりません。
むろあつみに直接、ご意見やご質問、ご相談ができます。
以下のリンクから友だち追加してください。
友だち追加
https://lin.ee/gMlexiJ

QRあつみの部屋


★『むろあつみの勝手に応援!』だけを集めたブログはこちら☟
https://ameblo.jp/muronovenus/


Youtube動画むろあつみ
*日曜街頭演説を続けています。
チャンネル登録もよろしくお願いします


むろあつみHP


布良崎神社神輿修復委員会

館山こども食堂FBページ
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カテゴリ
プロフィール

むろあつみ

Author:むろあつみ
2010年に館山市に移住。
2017年館山市長選挙に挑戦。
2022年館山市議会議員(2期目)辞職

【FB】
【以前のブログ】

月別アーカイブ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 館山情報へ
にほんブログ村
ランキング
リンク
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR